ヘルスデーニュース フォロー

「ブラックコーヒー好き」の理由は遺伝子

 ブラックコーヒーやダークチョコレートを好む傾向は、遺伝子に組み込まれているようだとする研究結果が報告された。このような傾向を持つ人は、実際にその味自体が好きなわけではなく、カフェインを素早く代謝できる遺伝子を持っており、苦味とカフェインにより得られる刺激を関連付けているのだという。米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部准教授のMarilyn Cornelis氏と米ジョージワシントン大学のRob van Dam氏らによる研究で、「Scientific Reports」に12月13日に掲載された。

 Cornelis氏らによると、これまでの研究で、人々がコーヒーやお茶を飲む量は「カフェインの代謝に関係するが、味覚には関係しない」遺伝子の変異と関係があると分かっていた。ただし、コーヒーの味は、ミルクや甘味料を加えることで変わるが、こうした研究ではその点が考慮されていなかった。

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1839文字)