人生の筋トレ術

「いきなりハードな運動」は御法度

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 正月、久々に家族で集まった洋一郎さん。よく食べ、よく飲み、にぎやかなひとときを過ごした。問題はその後、長女から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送られてきた写真だ。見れば、一族のなかで自分だけが締まりのない体つきをしている。肩のあたりは丸みをおび、腹も出ている。長女は丁寧にも新型コロナウイルス感染症が広がる前の正月に撮影した写真を添えていた。「まずい。この2年間で自分はかなり太ったのだ」。こうなったら徹底的に体を鍛え直そうと決意した洋一郎さん。さっそく通販サイトで高額のバーベルとダンベルを注文した。

この記事は有料記事です。

残り2879文字(全文3134文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクションなどを経て、2001年から執筆活動。雑誌、ウエブ媒体などで、働き方や人事・組織の問題、経営学などをテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」「みんなでひとり暮らし 大人のためのシェアハウス案内」(ダイヤモンド社)など。