医療・健康Tips

口の中の「ヌルヌル」も排水口のヌメリも 病気の原因「バイオフィルム」

  • 文字
  • 印刷

 水回りのヌメリに困った経験はありませんか? また、朝起きたとき、口の中にヌルヌルした感じがしたことはないでしょうか? これらの正体は細菌のかたまり。集合体になると薄い糖の膜であるバイオフィルムを形成し、さまざまな病気の原因になります。

細菌の集合体がつくり、吸い込むと肺炎などに

 バイオフィルムは、生活環境や体内で細菌の集合体が周囲に粘り気のある物体(多糖体)を産生することでできます。多糖体は表面にヴェールのような膜をつくりコロニーを形成していきますが、これがバイオフィルムの正体です。

 家庭内でみられるものとしては、お風呂場や洗面所の排水口、温浴設備などに存在するレジオネラ菌やMAC菌などがバイオフィルムを形成します。入浴時にシャワーの細かい霧やしぶきと一緒に吸い込んでしまうと、肺炎や非結核性抗酸菌症などの病気につながるおそれがあります。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1144文字)