ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 「電子たばこ利用者は症状が出やすい」と米報告

 電子たばこを利用している人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染すると、さまざまな自覚症状が出やすくなることを示唆するデータが報告された。米ミネソタ州の総合病院「メイヨー・クリニック」のDavid McFadden氏らの研究で、詳細は「Journal of Primary Care & Community Health」に1月5日に掲載された。

 研究結果によると、電子たばこ利用者がCOVID-19に感染した場合、非利用者よりも味覚・嗅覚障害、胸痛、頭痛、筋肉痛、悪寒、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢などの症状が多く見られた。また、電子たばこと従来型たばこを両方使っている人は、日ごろから、救急外来を受診する頻度も高かった。米レノックス・ヒル病院のLen Horovitz氏はこの報告を基に「また一つ新たに、電子たばこや従来型たばこをやめるべき理…

この記事は有料記事です。

残り1600文字(全文1985文字)