医療・健康Tips

不足にも過剰摂取にも要注意 マグネシウムのヒミツ

  • 文字
  • 印刷

 マグネシウムは、不足すれば健康維持に支障をきたす必須ミネラルであり、カルシウムと同様に必要摂取量が100mg/日以上の「主要(多量)ミネラル」の1つです。健康な成人の体内量は約25gで、その60~65%がリン酸塩や炭酸塩などの化合物の形で歯や骨に沈着、残りの約25%は筋肉や神経組織に存在します。

 マグネシウムは体内で作ることができないため、食物から摂取する必要があります。しかし、日本人の摂取量は男女ともに大きく不足しており、さまざまな疾患の原因になっていることも指摘されています。マグネシウムの働きを知り、効率的にかつ効果的に摂取することが必要といえそうです。

この記事は有料記事です。

残り2922文字(全文3205文字)