ヘルスデーニュース

落ち込んだ人の気持ちを周囲の笑顔が救う

  • 文字
  • 印刷

 笑顔には他者の抑うつ気分を緩和する力がある、とする研究結果が報告された。むつみホスピタル(徳島市)の山下裕子臨床心理士と、徳島大学大学院社会産業理工学研究部の山本哲也准教授の研究だ。他人の感情が自分にうつってくる「情動伝染」によって、「閾(いき)値下うつ」と呼ばれる人たちの抑うつ気分を和らげられるのではないか、と著者らは述べている。研究の詳細は「Frontiers in Psychology」に11月11日に掲載された。

 うつ病と診断されるには至らないが、抑うつ症状があって心理的苦痛を抱えている「閾値下うつ」と呼ばれる人たちがいることが、近年、問題となっている。こうした人々の抑うつ症状を改善する方法として、山下氏らは情動伝染に着目した。喜びや悲しみを表す顔の表情が、見た人の感情を変化させられることは、すでに複数の研究で確認されている。

 そこで山下氏らは、他者の表情を見ることが、閾値下うつの人たちの気分に与える影響について検討した。

 研究の対象は、大学生49人(平均年齢19.90±1.08歳、男性6人、女性43人)だった。自己評価式抑うつ性尺度(SDS)で40点以上の人を「閾値下うつ」と定義すると、49人のうち22人が該当した。

 この49人を「閾値下うつであり、今回の研究のために楽しそうな表情を見てもらう人たち」(11人)、「閾値下うつで、悲しそうな表情を見てもらう人たち」(11人)、「閾値下うつではなく、楽しそうな表情を見てもらう人たち」(13人)、「閾値下うつではなく、悲しそうな表情を見てもらう人たち」(14人)の4グループに分類した。4グループの間で、男女比や情動的共感性尺度(QMEE)の得点に有意差(統計的に偶然ではないほどの差)はなく、これらの要因は後述の結果に影響を与えなかったと考えられた。

 研究には、10人の男女(男性6人、女性4人)の画像を使った。各グループには、この10人全員の「楽しそうな表情をした顔」か「悲しそうな表情をした顔」のどちらかを、ランダムに3回ずつ、計30回見せた。そして、表情を見てもらう前と後にそれぞれ、参加者の気分を尋ね、楽しい感情、悲しい感情を点数で評価した。

 また情動伝染は、他人の表情の模倣を通じて生じると考えられている。そのため、表情を見てもらっている間に、筋電図を使って参加者の表情筋の活動を測定し、参加者たちが、見ている表情を模倣しているかどうかを調べた。

楽しそうな顔を見ると自分も少し楽しくなる

 すると、楽しそうな表情を見せられた人たちは、楽しい感情を表す得点が少し上がり、悲しい感情を表す得点が下がっていた。一方、悲しそうな表情を見せられた人たちは、悲しい感情を表す得点が上がり、楽しい感情を示す得点が下がっていた。これらは、閾値下うつの人たちと、閾値下うつでない人たちの両方に、共通した傾向だった。

 また筋電図からは、楽しそうな表情を見せられた人たちは、悲しそうな表情を見せられた人たちよりも、大頬骨筋(だいきょうこつきん、楽しそうな表情にかかわる筋肉)の活動が有意に大きいことが分かった。さらに、悲しそうな表情を見せられた人たちは、楽しそうな表情を見せられた人たちよりも、皺眉筋(しゅうびきん、悲しそうな表情に関わる筋肉)の活動が有意に大きかった。閾値下うつがあってもなくても、参加者は表情の模倣をしており、情動伝染が起きていたことが裏付けられた。

 著者たちは、研究の限界として「閾値下うつの人たちでも平均SDS得点が45点未満で、比較的軽度の抑うつ症状と考えられる集団だった」「研究対象者の人数が少ない」などを挙げている。その上で「(他人の)表情を見ての情動伝染が、閾値下うつの人々の抑うつ気分を緩和することが示された。閾値下うつの人の家族や友人など、周囲の人々の表情の重要性が示唆された」と結論付けている。(HealthDay News 2022年1月31日)Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved