ヘルスデーニュース フォロー

ブタの腸をつなぐ難手術にロボットが成功

手術をしているロボット=ジョンズ・ホプキンズ大提供
手術をしているロボット=ジョンズ・ホプキンズ大提供

 ロボットが、人間の補助なしで初めて、難易度の高い腹腔鏡手術をブタに実施した。手術結果は、人間が同じ手術を行うよりもはるかに優れていたという。体に対する手術の完全自動化に向けた大きな一歩となる可能性がある。米ジョンズ・ホプキンス大学機械工学分野のAxel Krieger氏らによる研究だ。詳細は「Science Robotics」に1月26日に掲載された。

 同大学と米Children's National Hospitalの研究者らは、軟部組織の縫合に特化した視覚誘導型ロボットシステムを設計し「STAR」(Smart Tissue Autonomous Robot)と名づけた。今回の手術を実施したのは、STARの2016年モデルを改良したものだ。旧モデルはブタの腸管の吻合(切り離された腸を縫い合わせてつなぐ手術)に成功したが、腸の手術を始める前に、…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1410文字)