実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

「効果確認」? イベルメクチンを新型コロナ治療に使えないわけ 

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
PCR検査センターの列に並ぶ人たち=大阪市北区で2022年1月26日午後4時、藤井達也撮影
PCR検査センターの列に並ぶ人たち=大阪市北区で2022年1月26日午後4時、藤井達也撮影

 まるで魔法のようだ――。これは私が初めてイベルメクチン(ストロメクトール)を処方したときに、患者さんと私が、共通して抱いた印象です。なにしろ、それまで何をやってもほとんど改善しなかった症状が一気に消失したのですから“魔法”という言葉を使いたくもなります。それ以来、私は次々とイベルメクチンを処方するようになりました。ある病院で集団感染(クラスター)が発生したときにも感染者ほぼ全員にイベルメクチンを処方しました。すると、あれほど苦しんでいた症状が数日後にはうそのようになくなったのです。しかも一人の例外もなく、処方した患者全員が、です。

 その後私は100人近くの患者さんにイベルメクチンを処方しています。全員の症状が劇的に消失し、しかも副作用は、ごく軽度の胃腸症状程度ですから、ほぼ皆無と言ってもいいでしょう。かつて、感染症に対してこれほど切れ味がよく、しかも今のところ耐性もほとんど報告のない、こんなにもすぐれた薬があったでしょうか。

疥癬にはすぐれた薬

 以上はすべて事実に基づいた私の体験で、決して誇張をしていません。勤務医の頃に集団感染を経験したのも事実です。ただし、「感染症」とは新型コロナウイルスではなく、疥癬(かいせん=ダニが皮膚に感染し、強烈なかゆみをもたらす疾患)です。

 イベルメクチンがいかにすぐれた薬であるかということや、開発しノーベル賞を受賞された大村智先生の業績がいかに素晴らしいかについては過去のコラム「疥癬――ノーベル賞・大村智先生、もう一つの功績」で紹介しました。

 そのイベルメクチンが「新型コロナウイルスに効くかもしれない」という情報が入ってきたのが2020年の春でした。当時はまだまだ新型コロナの治療薬が手探りの状態で、他の微生物に対する薬剤が新型コロナに有効かもしれないと考えられていました。そのなかで、いち早く使われるようになったのがエボラ出血熱の治療薬として開発されたレムデシビルで、こちらは新型コロナへの効果が確認され現在も使われています。いいところまでいったのが日本製の抗インフルエンザ薬のファビピラビル(アビガン)で、こちらは最終的には有効性が確認されませんでした。

 他に候補に挙がっていた抗微生物薬は、アジスロマイシン(抗菌薬)やロピナビルとリトナビルの合剤(抗HIV薬、商品名はカレトラ)などです。そういった薬剤のひとつにイベルメクチンがあったのです。

新型コロナには有効性が否定された

 その後世界各地でイベルメクチンが新型コロナの治療薬として試験的に使用されるようになり、有効性の検証が次々と行われました。「効果がある」とする研究も複数あったものの、結局は、残念ながら有効性が否定されました。大規模なメタアナリシス(これまでに報告されたデータを再度まとめなおして分析する方法)を行い「イベルメクチンを使っても、患者の死亡率は下がらない」などと結論づけた論文が出たのです。この論文は、オックスフォード大学が発行する医学誌「Clinical Infectious Diseases」に掲載されています。

 興味深いことに、イベルメクチンが有効であるとした複数の研究に「不正」があったことが繰り返し指摘されています。これについては過去の連載「新型コロナ 開発中の内服薬の実力は」でも紹介しました。もう一度ここで確認しておきます。

 ・英紙The Guardianは「イベルメクチンがコロナに有効とした論文は“倫理的懸念”により取り下げられた」ことを報道。同紙は、この論文のデータに多くの疑問点があることを指摘した

 ・英放送局BBCは、これまで発表…

この記事は有料記事です。

残り3523文字(全文5016文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト 無料メルマガ<谷口恭の「その質問にホンネで答えます」>を配信中。