口から守る! あなたの健康 フォロー

歯周病が招く体の病気悪化 「健康は口から」の本当の意味

 
 

 口や歯の健康と体の健康には、密接なつながりがあります。特に近年、歯周病は全身の病気や健康状態との関連が強く、歯周病があると全身の状態が悪化し、全身の病気が歯周病を悪化させるという悪循環を招くことが分かってきています。その仕組みと、生活習慣病と歯周病に共通するリスクファクター(危険因子)を、新潟大学大学院の小川祐司教授が解説します。

口腔と全身のかかわり

 歯科と医科があるように、口腔(こうくう)と全身は分けて考えられることが多いですが、口は体の一部です。口腔(歯科)治療を受ける際も、全身疾患や健康状態を考慮することが必要になります。全身疾患には免疫力を低下させ、口腔の病気の治癒を遅らせるものがあります。

 たとえば、事前に歯科医に伝えることが大切なのが、骨粗しょう症や高血圧です。骨粗しょう症の治療に使われる薬を一定期間以上、服用している時に抜歯やインプラントなどの外科処置をすると、細菌感染してあごの骨が壊死(えし)したり、炎症がひどくなったりする副作用が報告されています。高血圧の人では、急激な血圧上昇などのトラブルにつながる恐れがあります。

 口腔疾患と全身疾患はさまざまに関連しています。歯科の治療は口腔の健康状態を維持・改善するだけでなく、全身の健康状態の維持にとっても欠かせないものなのです。

歯周病が及ぼす全身への影響

 口腔疾患の主なものは、う蝕(うしょく=虫歯)と歯周病です。歯周病は近年、全身疾患と関連していることが報告され、歯周病と糖尿病の関連はエビデンス(科学的根拠)が高いものとして認識されています。すなわち、糖尿病が歯周病を悪化させ、歯周病が糖尿病を悪化させるというように相互に悪影響を及ぼします。

 歯周病による炎症が続くと、…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文2284文字)