ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 効果が高い?吸入型のワクチンを開発中

研究グループの1人Michael D'Agostino氏がワクチンの吸入方法を実演する様子=マクマスター大提供
研究グループの1人Michael D'Agostino氏がワクチンの吸入方法を実演する様子=マクマスター大提供

 長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いに終止符を打つための切り札として、一部の専門家の間で「吸入型ワクチン」の開発に期待が寄せられている。吸入型ワクチンは、より少ない用量で、より効果的に人々を新型コロナウイルスから守ることができるため、世界のより多くの人々にワクチンを行き渡らせることができる可能性を秘めているという。そんな吸入型ワクチンの開発に関する報告を、マクマスター大学(カナダ)Michael G. DeGroote感染症研究所のMatthew Miller氏らが、科学誌「Cell」に2月8日に発表した。

 報告された吸入型ワクチンは2種類あり、それぞれがヒト、またはチンパンジー由来のアデノウイルスをベクター(遺伝子の運び役)として使っている。これらのワクチンを吸入したマウスや人間は、新型コロナウイルスが持つ3種類の抗原〔スパイクタンパク質のS1領域、全長ヌクレオカプシドタンパク質、RNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)〕を、一時的に体内で作り出す。その結果、免疫がこれらの抗原を「敵」とみなして…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1749文字)