ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 後遺症治療の新手法 米で学会発表

EECPのためのカフを装着する患者=FLOW Therapy提供
EECPのためのカフを装着する患者=FLOW Therapy提供

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症、いわゆるLong COVIDの症状改善に、心疾患の治療法の一つが有効である可能性が、小規模な研究で分かった。「強化体外式カウンターパルセーション」(EECP)と呼ばれ、狭心症による胸痛などの治療に使われる方法が、疲労や息切れなどのLong COVIDの症状の軽減に有用であることが示されたという。なお「カウンター」は英語で「逆」、「パルセーション」は心臓の拍動を意味する。この研究は、米国心臓病学会の心血管サミット(2月17~19日、オンライン開催)で発表された。

 COVID-19から回復した患者の50%が、Long COVIDの症状を経験すると見られている。しかし、Long COVIDは新たに出現した病態で、その症状に対して医師ができることは限られている。

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1832文字)