医療・健康Tips フォロー

不妊症の原因にも!骨盤内炎症性疾患PIDとは?

 骨盤内炎症性疾患(PID=Pelvic Inflammatory Disease)は、女性の生殖器における膣や子宮頸部よりも奥にある、子宮体部、子宮内膜、卵管、卵巣といった上部生殖管に起こる炎症の総称です。

侵入した菌が上行感染し卵管から腹腔内にも

 PIDは、主にクラミジアや淋菌、そのほかにも嫌気性菌、グラム陰性桿菌(大腸菌)、緑膿菌など、またはこれら複数の菌が膣内に侵入し、子宮頸管から内膜、卵管、卵巣へと上行感染を起こしていくもので、性交によってうつる性感染症でもあります。

 原因菌が子宮内に入り込み、子宮内膜に感染すると「子宮内膜炎」と呼ばれます。卵管に侵入すると卵管炎、卵巣まで到達すると卵巣炎を引き起こし、この2つを合わせて「子宮付属器炎」と呼びます。悪化するとうみがたまり、卵管・卵巣膿瘍に至ることもあります。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1465文字)