人生の筋トレ術

男らしさだけではない? 寿命や認知機能にも関わる男性ホルモン

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 渉さんの部下は目下、筋トレにハマっているらしい。仕事ぶりはいまひとつの彼だが、筋肉だけは日増しに増強されているのがオンラインミーティングの画面からもわかる。仕事部屋にはダンベルや懸垂マシンも備えているようだ。そんな部下が熱く語るのが男性ホルモンの一つ「テストステロン」の重要性である。彼によれば、筋肉をつけるにはテストステロンが不可欠であり、やる気や自信もテストステロンによってもたらされるそうだ。それならもう少し仕事へのモチベーションが上がってもよさそうなものだが……。

この記事は有料記事です。

残り2942文字(全文3179文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクションなどを経て、2001年から執筆活動。雑誌、ウエブ媒体などで、働き方や人事・組織の問題、経営学などをテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」「みんなでひとり暮らし 大人のためのシェアハウス案内」(ダイヤモンド社)など。