ヘルスデーニュース

3~5歳児が文字の学習後に昼寝すると成績が少し上がる

  • 文字
  • 印刷

 未就学児にとって昼寝は、体力を回復させて日中を機嫌良く過ごすために不可欠だと考える親は多い。こうした中、昼寝が、子どもたちの読み書き能力の向上にもつながる可能性を、オーストラリアと英国のグループによる研究が示した。読解力習得の鍵となる「文字と音の関係を認識する能力」(letter-sound mappings)を、昼寝が高めることが示唆されたという。マッコーリー大学(オーストラリア)のHua-Chen Wang氏らによる研究で、詳細は「Child Development」に3月29日に発表された。

 Wang氏らは、豪シドニーの2カ所の保育施設に通う、3~5歳の未就学児32人(平均年齢4歳3カ月)を対象に研究をした。両保育施設では、毎日決まった時刻に昼寝の時間を設けていたが、子どもたちに対する文字の読み方や音に関する教育は行っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1934文字)