ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 健康な36人にウイルスを注入し実験

 新型コロナウイルスを人間に実験的に感染させた、初めての試験結果がこのほど公表された。この試験では、健康な成人ボランティアの鼻腔内に新型コロナウイルスを投与し、感染後の状態を調べた。せきやくしゃみの、大きさわずか100分の1mmの飛沫からでも周囲に感染が広がる可能性があることなど、さまざまなことが分かったという。英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)の感染症医で免疫学者のChristopher Chiu氏らの研究で、詳細は「Nature Medicine」に3月31日、論文として発表された。

 この試験は、18~30歳のボランティア36人を対象に実施された。36人はいずれも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)重症化のリスク因子を持たず、新型コロナにかかったことがなく、また新型コロナのワクチン接種は受けていなかった。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1826文字)