ヘルスデーニュース フォロー

スマホで顔を自撮りすると鼻が大きく写る 米研究

 スマートフォン(以下、スマホ)の登場により、今や何百万人もの人々が日々、自撮り写真をソーシャルメディアに投稿して「いいね」を求めている。そんな中で「自撮り写真は顔の特徴をゆがめ、見栄えを悪くする」と主張する研究が、「Plastic and Reconstructive Surgery」4月号に掲載された。研究した米テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンターのBardia Amirlak氏らは「正確さに欠ける自撮り写真が、人々の美容外科に対する要求を高めている可能性がある」と示唆している。

 Amirlak氏らは、30人のボランティア(24~62歳、女性23人、男性7人)を対象に、自撮り写真で見た顔のパーツのサイズや感じ方が。標準的な「臨床写真」に比べてどう変わるのかを定量化することを試みた。臨床写真とは、医療従事者が撮影した、患者の身体所見をはじめとする各種画像のことだ。研究には、スマホのフロントカメラを使って12インチ(約30cm)、および18インチ(約46cm)の距離で撮影した…

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1830文字)