今回は、抗がん剤治療についてのお話をしたいと思います。

 がん治療には、主軸となる3大治療「手術(外科療法)」「放射線治療」「薬物療法」があります。薬物治療で使われる薬の一つが抗がん剤です。

 抗がん剤については、誤った認識を持たれている方もいるので、注意が必要です。

抗がん剤は多種の薬の総称

 抗がん剤とは一般的にがん細胞を殺したり、増殖を抑えたりする目的で使われる薬の総称です。

 抗がん剤には、細胞障害性薬、分子標的薬、ホルモン剤、免疫チェックポイント阻害剤など、異なる作用機序の薬が含まれます。また細胞障害性薬一つ取っても、さまざまな薬剤が存在しています。抗がん剤といっても、薬によって効果や副作用は異なるので、この点にまず注意しましょう。

 なお、医療者の中には、細胞が増殖する仕組みの一部を阻害してがん細胞を攻撃する「細胞障害性薬」のみを抗がん剤と呼ぶ人もいます。一般の方は細かな区別をせず、がんに使う薬全般を抗がん剤と呼ぶことが多いので、今回はがんに使う全ての薬を含めて抗がん剤とし、解説を進めていきます。

抗がん剤治療のメリット

 抗がん剤治療のメリットとは何でしょうか。

 抗がん剤は点滴もしくは口から飲んで体に入ると、その後、血液内を巡り、全身に広がります。がんのある臓器にとどまらず、周辺の組織やリンパ節、他の臓器にも広く行き渡るため、周辺に広がってしまったがんや、他臓器に転移してしまった腫瘍細胞も殺すことができます。

 手術はがんの発生した臓器の一部を切除する治療なので、効果が得られる範囲は手術部位のみです。また、放射線治療も放射線を照射した部位にのみ効果が得られます。放射線を広範にあてるのも可能ではありますが、ひどい副作用が出るケースもあり、一般的には領域を限って行います。

 手術や放射線治療では得られない、広範な領域への効果が、抗がん剤治療のメリットということになります。

抗がん剤治療で髪の毛が抜ける理由

 一方、抗がん剤のメリットがデメリットとなってしまうこともあります。薬が…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文2281文字)

がん研究者/アラバマ大学バーミンハム校助教授

筑波大学医学専門学群卒。卒業後は脳神経外科医として、主に悪性脳腫瘍の治療に従事。患者と向き合う日々の中で、現行治療の限界に直面し、患者を救える新薬開発をしたいとがん研究者に転向。現在は米国で研究を続ける。近年、日本で不正確ながん情報が広がっている現状を危惧して、がんを正しく理解してもらおうと、情報発信活動も積極的に行っている。著書に「世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった最高のがん治療」(ダイヤモンド社、勝俣範之氏・津川友介氏と共著)。Twitterアカウントは @SatoruO (フォロワー4万5千人)。