いきいき女性の健康ノート フォロー

多くが適切な治療を受けていない「線維筋痛症」

福島安紀・医療ライター
 
 

 米国人歌手のレディー・ガガさんやフリーアナウンサーの八木亜希子さんが発症したことで知られる線維筋痛症はなぜか女性に多い病気だ。2011年に実施されたインターネット調査から、日本の線維筋痛症患者数は全人口の2.1%、約212万人と推計されるが、適切な治療にたどり着けていないケースも少なくない。この病気の特徴や治療について、「線維筋痛症診療ガイドライン」作成委員長を務める順天堂大学医学部付属練馬病院メンタルクリニック先任准教授の臼井千恵さんが解説する。

脳などの異常で体中に強い…

この記事は有料記事です。

残り2651文字(全文2876文字)

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。