ほむほむ先生のアレルギー入門

子どものアトピー性皮膚炎はアレルギー体質への入り口? 侮ってはいけない「経皮感作」

堀向健太・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター小児科助教/アレルギー専門医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 皆さんの中にも、子どもや孫の湿疹に悩んでいる方がいるかもしれません。子どものアトピー性皮膚炎は様子を見ていても自然と改善するケースもありますが、早めに治療することが大切です。放置すると、食物アレルギーなど他のアレルギー疾患の発症につながりやすくなることが分かっています。ではなぜ湿疹が他のアレルギーまで呼び込んでしまうのでしょうか? その理由とメカニズムについて、「ほむほむ先生」の愛称で知られ、根拠ある医療情報の発信に取り組む東京慈恵会医科大学葛飾医療センター小児科の堀向健太助教が解説します。

子どもの肌荒れは自然に良くなる?

 私は、アレルギーのあるお子さんを診療することの多い、アレルギー専門医の一人です。秋冬生まれのお子さんにアトピー性皮膚炎を発症しやすいという研究結果もあるからか、春は皮膚の症状が悪化して病院を受診されるお子さんが増える時期です[1]。読者の方々のお子さんやお孫さんにも、湿疹に悩まれている方がいらっしゃるかもしれませんね。もしかすると、なかには「子どものときの肌荒れは自然に良くなるから大丈夫」と思って様子を見ている方もいるかもしれません。たしかに、子どものアトピー性皮膚炎の7割は10歳ごろまでに改善します[2]。

 しかし、小さいときのアトピー性皮膚炎は、早めに丁寧な治療を受け、皮膚にトラブルのある期間を短くしたほうが良いのです。なぜなら、幼い頃のアトピー性皮膚炎は、ひどくなればなるほど大きくなるまで持ち越しやすく、治りにくくなり[3][4]、他のアレルギーの病気(食物アレルギー、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎)を発症させやすくなることが分かってきたからです[5][6]。

湿疹があるとアレルギー体質になりやすくなる

 両親にアトピー性皮膚炎がある場合、子どももアレルギー体質になると思う方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、両親がアトピー性皮膚炎の子どものほうが、そうでない子どもよりアトピー性皮膚炎を発症しやすくなります。

 しかし、こんな研究結果があります。その研究では、生まれつき体質的に皮膚が乾燥しやすく、アトピー性皮膚炎を発症しやすい子と、小さいときに湿疹のある子を比較し、…

この記事は有料記事です。

残り4921文字(全文5833文字)

堀向健太

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター小児科助教/アレルギー専門医

ほりむかい・けんた 小児科医。医学博士。専門は小児科、アレルギー科。日本小児科学会専門医・指導医。日本アレルギー学会専門医・指導医・代議員。広報委員・啓発活動委員会委員。日本小児アレルギー学会代議員。研究推進委員会委員・広報委員会委員。2014年、米国アレルギー臨床免疫学会雑誌に、世界初の保湿剤によるアトピー性皮膚炎発症予防に関する介入研究を発表。各種SNSの総フォロワー数12万超。毎日、外来、教育、研究を続けながら、Yahoo!個人オーサー、Voicyパーソナリティ、Newspicsプロピッカー、アメブロオフィシャルブロガーなど、さまざまな媒体で根拠のある医学情報を発信。医学専門雑誌に年間10本以上、一般向け医学記事を20本以上執筆。著書に「マンガでわかる! 子どものアトピー性皮膚炎のケア」(内外出版)、「ほむほむ先生の小児アレルギー教室」(丸善出版)、「小児のギモンとエビデンス ほむほむ先生と考える 臨床の『なぜ?』『どうして?』」(じほう)など。