ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 息を調べる1次検査法を米国が承認

 米食品医薬品局(FDA)は4月14日、新型コロナウイルスに感染しているかどうかをわずか3分以内に判定できる簡便な呼気検査に初の緊急使用許可(EUA)を与えたと発表した。

 この検査は「InspectIR Covid-19 Breathalyzer」と呼ばれる。多成分から成る混合物の成分を分離・識別する技術である「ガスクロマトグラフィー質量分析」を使い、新型コロナウイルスに関わる5種類の揮発性有機化合物(VOC)を呼気から検出して、感染の有無を判定する。

 この検査は、患者から呼気を採って分析ができる場所、つまり診察室や移動式の検査所などで行える。検査機器の大きさは、飛行機に持ち込みめる手荷物程度だ。検査を実施するのは訓練を受けた担当者で、州法で定められた資格や認可を有する医療従事者の監督の下で行う。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1111文字)