ヘルスデーニュース

子供の知能がビデオゲームで向上? 「慎重な解釈」求める声も

  • 文字
  • 印刷

 子どもへの悪影響が懸念されがちなビデオゲームだが、その懸念と裏腹に、ビデオゲームは脳の働きを高める可能性が、新たな研究で示唆された。ビデオゲームに長い時間を費やしていた小児は、2年後に知能指数が、平均より少し高くなっていたという。カロリンスカ研究所(スウェーデン)認知神経科学分野教授のTorkel Klingberg氏らによる研究で、論文は「Scientific Reports」に5月11日に掲載された。

 Klingberg氏らは9~10歳の小児9855人分のデータを使い、「テレビや動画の視聴」「ビデオゲームのプレイ」「ソーシャルメディアの使用」がそれぞれ、小児の知力に及ぼす影響を検討した。検討したデータは、米国の小児に関する長期大規模研究である「ABCD(Adolescent Brain Cognitive Development)研究」で得られたデータの一部だった。知力の評価は、試験開始時と2…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1845文字)