ヘルスデーニュース フォロー

減量により肥満男性の精子数が上昇…デンマーク

減量により肥満男性の精子数が上昇--デンマーク
減量により肥満男性の精子数が上昇--デンマーク

 余分な体重を落とし維持すると精子数が増加する可能性があることが、コペンハーゲン大学(デンマーク)教授のSigne S. Torekov氏らの研究でわかった。詳細は「Human Reproduction」に5月17日に掲載された。

 肥満は精子の質の低下と関連することが、過去の研究で報告されている。そこでTorekov氏らは、減量で精子濃度や運動率などの精液のパラメーターが改善するかどうかを調べた。対象としたBMI32〜43で18〜65歳の男性56人にまず低カロリー(1日800㌔㌍)の食事療法を8週間続けてもらい、その後、対象者をランダムに4群に割り付け維持期間として52週間にわたり、以下のいずれかを実施してもらった。第1群は週150分以上の中等度の有酸素運動か、週75分以上の高強度の有酸素運動、第2群は減量目的でも使用される糖尿病薬を1日当たり3㍉㌘服用、第3群はその両方を実施し、第4群はいずれも実施しなかった。運動を伴う介入を行う群には、モチベーションを維持するためのクラスも提供された。

 56人中47人が8週間の食事療法を完了した。これらの人の平均年齢は41歳(20〜63歳)、研究開始時のBMIは平均37.0±2.8だったが、食事療法により8週間後には体重が平均16.5㌔㌘減り、BMIは平均32.0±2.9に低下した。研究開始時と食事療法終了後に採取した精液を比較したところ、食事療法終了後には平均で精子濃度が1.49倍に、精子数は1.41倍に増加していることが明らかになった。52…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1474文字)