ヘルスデーニュース フォロー

料理メニューにCO2排出量を記して温暖化防止に一役

 レストランのメニューに、料理ごとの二酸化炭素(CO2)排出量の表示を加えると、お客は排出量が少ない料理を注文する。こんな実験結果を、ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク(ドイツ)のBenedikt Seger氏らが発表した。論文は「PLOS Climate」に5月11日に掲載された。同氏は「レストランのオーナーが既にあるメニューを変更することなく、ソフト戦略によって地球温暖化抑止に貢献することが可能か否かを検討したかった」と研究目的を語っている。

 Seger氏らは、この研究に協力してくれる人をソーシャルメディア(Facebook、Instagram)で募集した。265人(平均年齢35.78±12.89歳、女性81%)が応募して実験に参加した。Seger氏らは参加者たちに「料理の名前と価格を書いたメニュー」か「料理の名前と価格のほかに、CO2排出量を示す数字も書いたメニュー」のどちらかを無作為に提示して、選ぶ料理に違いが出るかどうかを調べた…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1724文字)