ヘルスデーニュース フォロー

大腸がん手術後 「抗がん剤が不要な人」を検査で発見

 大腸がんの手術を受けた患者に血液検査をすることで、手術後の抗がん剤治療が不要な患者を見つけられることが、米ジョンズ・ホプキンス大学のAnne Marie Lennon氏らが実施した臨床試験で分かった。試験結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次集会(2022年6月3~7日、米シカゴ)で発表された。論文は「The New England Journal of Medicine」に6月4日に掲載された。

 ASCOによると米国では、22年に約15万1000人が新たに大腸がんと診断され、5万2580人が大腸がんで死亡すると予測されている。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1783文字)