児童精神科医のモニョる話 フォロー

うっかりにほどはない? 「失念」の重さ

山登敬之・明治大学子どものこころクリニック院長
 
 

 先月の終わり、新潟県で幼児が車中に放置され死亡する事故がありました。報道によると概略は以下の通りです。

 1歳5カ月の息子を車に乗せ出勤した父親が、途中で保育園に寄るのを忘れ、そのまま職場へ直行。駐車場に車を止めたときも、後部座席のチャイルドシートに座らせていた子どもの存在に気づかなかった。昼休みに車を出しコンビニに立ち寄った際、車内でぐったりしているわが子を発見し110番通報したが、時すでに遅く、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は熱中症の疑い。

 なんとも痛ましい話ですが、同じような事故は、これまでも何件か起きています。たとえば、2016年7月に栃木県であった事故は、今回のケースによく似ていました。父親が保育園に寄らずに出勤し、勤務先の駐車場に止めた車の中に2歳の息子を置き忘れた。車を止めてから約8時間後、妻からかかってきた電話で、父親は自分の過失に気づいたそうです。

 また、20年6月には茨城県で2歳の女児が同じ目にあっています。2人の娘を車に乗せた父親、まず姉を小学校に送り届け、次に妹を保育園に預けるはずが、小学校から自宅に直帰しテレワークを始めた。妹は駐車場に止めた車の中に7時間置き去りにされ、父親が姉を小学校に迎えに行って車を降りるときまで気づかれなかった。

 どちらの例も、結末はあらためて記すまでもないでしょう。

どうして「失念」したのか

 この種の事故では、親が車を動かしてから短い時間内に、子どもを保育園に預けるというミッション丸ごと、わが子の存在を忘れてしまっている。つまり、親の頭から次になすべき課題がスッポリ抜けてしまった結果、起きた事故だといえます。

 その点では、子どもを車内に残しパチンコに興じている間に……といった類いの話とは違います。こちらは子どもの存在を忘れて店に入ったわけではなく、パチンコに夢中になるうち車に戻るのが遅くなった、あるいは最初から熱中症の危険性が頭になかった可能性が大きい。

 このたびの新潟県の事故では、その違いを意識してのことかはわかりませんが、一部の報道で「失念」という言葉が使われていました。いわく、…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文2355文字)

明治大学子どものこころクリニック院長

やまと・ひろゆき 明治大学子どものこころクリニック院長。同大文学部心理社会学科特任教授。1957年東京都生まれ。精神科医、医学博士。専門は児童青年期の精神保健。おもな著書に「子どものミカタ」(日本評論社)、「母が認知症になってから考えたこと」(講談社)、「芝居半分、病気半分」(紀伊國屋書店)、「世界一やさしい精神科の本」(斎藤環との共著・河出文庫)など。