ヘルスデーニュース フォロー

「10秒間片足で立てる」中高年者は死亡率が低い ブラジル研究

 簡単そうに思うかもしれないが、片足で10秒間立ち続けるのは意外に難しい。そして、これができるかできないかで、今後10年で死亡しやすいかどうかが分かるかもしれない。こんな結論を示唆する研究が発表された。運動医学クリニックCLINIMEX(ブラジル)のClaudio Araujo氏たちの研究で、論文は「British Journal of Sports Medicine」に、6月21日に掲載された。

 Araujo氏によると、有酸素運動能力や筋力、柔軟性などは加齢とともに徐々に低下していく。一方、バランス能力は60歳ぐらいまでかなりよく維持されるが、その後、急速に低下するという。同氏らは「10秒間の片足立ちで、静的バランスを素早く客観的に評価できる。高齢者の定期健診に組み込むべきだ」と提案している。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1695文字)