ヘルスデーニュース

新型コロナ 「発症前に感染が分かる」スマートウオッチを開発中

  • 文字
  • 印刷

 着けているスマートウオッチが、新型コロナウイルスへの感染を、気づいていないあなたに教えてくれる。いずれ、そんな日が来るかもしれない。皮膚の温度や心拍数、呼吸数の変化を常に測っていられる「ウェアラブルアクティビティトラッカー」(着用型活動量計)と人工知能(AI)を組み合わせて、新型コロナウイルスへの感染を発症前に検知できる可能性が、新たな研究で示唆された。Dr. Risch Medical Laboratory(リヒテンシュタイン)のLorenz Risch氏らによる研究で、論文は「BMJ Open」に6月21日に掲載された。

 Risch氏らは「Avaブレスレット」という手首に着ける機器を使い、この機器で測れるデータに基づいて、感染の有無を判断するためのアルゴリズム(手順)を考え出した。今回は、このアルゴリズムが実際に感染を検出できるかどうかを検証した。このブレスレットは市販の機器で、女性が妊娠しやすい時期を知るために使われる。三つのセンサーを備え、呼吸数、心拍数、心拍の変動、手首の皮膚温、皮膚灌流圧(皮膚のすぐ下にあ…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1593文字)