悩みが軽くなるココロの習慣

感情には意味がある

大野裕・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私たちは現実をそのままに見ているわけではなく、同じ出来事を体験しても人によって現実の見え方が違ってきます。そうした個人差はあるのですが、前回も説明したように、思いがけないことが起きたときには、良くない部分に目が向いてネガティブな気持ちになりやすくなるので注意が必要です。そうした気持ちを体験するのはつらいのですが、そのようなときには、自分を守るためにこころセンサーが働いているのだと考えるようにしてください。

 落ち込んだり不安になったりしたときに、こんなことで弱音を吐いてはダメだと考えて自分を追いつめると、ますますつらい気持ちが強くなって、こころが疲れてきます。せっかくのこころセンサーのスイッチを自分で切ってしまうようなものです。

 ですから、そうした気持ちが強くなったときには、…

この記事は有料記事です。

残り1709文字(全文2051文字)

大野裕

精神科医

おおの・ゆたか 1978年、慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科学教室入室。コーネル大学医学部、ペンシルベニア大学医学部に留学を経て、慶応義塾大学教授を務めた後、独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターセンター長に就任、現在顧問。認知行動療法研修開発センター理事長。国際的な学術団体 Academy of Cognitive Therapy の設立に関わり、日本認知療法・認知行動療法学会、日本ポジティブサイコロジー医学会の理事長。認知行動療法学習サイト「こころのスキルアップトレーニング」やAIチャットボット「こころコンディショナー」を発案・監修。