ヘルスデーニュース フォロー

日本人男性では米飯が心血管死リスクを下げる? 岐阜大研究

 
 

 日本人男性では、米飯を多く摂取した方が心血管疾患による死亡リスクが有意に低いという研究結果が岐阜大学大学院医学系研究科疫学・予防医学の和田恵子氏らによって発表された。詳細は「Nutrients」に5月30日掲載された。女性ではこの関連は認められないという。

 日本人は欧米人より心血管疾患リスクが低いことが古くから知られている。日本人の主食は米であり、その消費量は欧米よりはるかに高い。これまで、米の摂取量と心血管死リスクとの関連を前向きに解析した研究では、その結果が一致していなかった。和田氏らは岐阜県高山市で行われている「高山スタディ」のデータを用いて、主食としての米の摂取量と心血管死リスクとの関連を、日本でよく食べられる他の主食であるパンや麺と比較しながら検討した。これら3つの主食と関連する食事パターンについても検討した。

 高山スタディは同市の住民対象コホート研究であり、1992年9月に35歳以上の住民(入院患者以外)3万1552人が参加した。今回の研究では、登録時に食事摂取頻度に関する質問票に回答し、心血管疾患の既往のなかった2万9079人(男性45.9%)を解析対象とした。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1909文字)