現代フランス健康事情

フランス人家庭の台所に並ぶ小瓶 その中身は?

竹内真里・フランス在住ライター
  • 文字
  • 印刷

 フランスでは、マルシェやスーパーの店頭にも、桃やスイカ、メロンなど旬の果物が並ぶようになり、夏らしい日が続いている。ただ、蒸し暑い日が続くと、気力が低下したり、食欲が減退して体調を崩したりしがちだ。フランス在住のライター、竹内真里さんによると、フランスの人たちは、ちょっとした身近な植物をうまく活用し、乗り切っているという。

ふりかければ食欲増進

 フランス人家庭の台所にお邪魔すると、たいてい小瓶が並んでいる。効能を期待して使うというよりも、肉や魚の臭みを消したり、風味を加えたりする感覚で使われている。その中身とは…

この記事は有料記事です。

残り2209文字(全文2467文字)

竹内真里

フランス在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はリヨン市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。