ヘルスデーニュース

尿路感染症撃退に膀胱内の乳酸菌は使えるか? 米で実験

  • 文字
  • 印刷
 
 

 抗菌薬が効かないスーパー耐性菌が増える中、体内に生息する善玉菌を利用した対処法に関心が向けられている。抗菌薬に代わる新たな尿路感染症(UTI)の治療法を模索する新たな研究で、膀胱内の善玉菌である乳酸菌を利用して、UTIの原因菌を撃退する実験結果が報告された。米アラバマ大学微生物学分野のTatyana Sysoeva氏らが実施したこの研究の詳細は「Frontiers in Cellular and Infection Microbiology」に6月23日掲載された。

 再発性UTIは世界で最も頻発している細菌感染症で、特に高齢者は男女を問わず罹患しやすい。今回の研究結果をレビューした米シダーズ・サイナイの泌尿器専門医Karyn Eilber氏は「UTIはとても大きな問題だ。医師による抗菌薬の過剰な使用から、多剤服用のみならず、耐性菌の問題も生じている。UTIに対する予防治療の取り組みは重要だ」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1735文字)