ヘルスデーニュース

病院の排水を浄化 抗菌薬や細菌の不活化に成功

  • 文字
  • 印刷

 病院の排水貯留槽に含まれる細菌や抗菌薬を、オゾン処理で不活化できる。こんな研究結果を、東邦大学医療センター大橋病院の渡辺学教授・副院長(肝胆膵外科)、大阪医科薬科大学の東剛志助教、国立感染症研究所の黒田誠・病原体ゲノム解析研究センター長らが発表した。1立方メートルの試験排水を20分間処理すると多くの細菌が不活化され、40分間の処理でほぼ全ての抗菌薬を不活化できたという。論文は国際科学誌「Antibiotics」に、6月27日に掲載された。

 感染症治療には抗菌薬を使う。すると抗菌薬に対する耐性(antimicrobial resistance;AMR)を持つ細菌が生まれ、治療困難な感染症の拡大が心配される。このため世界中でAMR対策が推進されている。これまでは、AMR対策の重要性に関する一般市民への啓発活動や、医療現場での抗菌薬適正使用の推進などがされてきた。

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1888文字)