ヘルスデーニュース

運動後のサウナは心臓によい フィンランド研究

  • 文字
  • 印刷

 次に運動するときは、心臓の健康のために、運動後に15分間、サウナに入るとよいかもしれない。「運動だけでも心血管系の健康上のメリットを得られるが、サウナに入るとさらに効果が上乗せされる」という研究結果を、ユヴァスキュラ大学(フィンランド)のEarric Lee氏らが発表した。論文は「American Journal of Physiology-Regulatory, Integrative and Comparative Physiology」に7月4日に掲載された。

 Lee氏は「サウナ入浴に伴う急性の心血管反応は、少なくとも中強度の運動に匹敵することが(過去の研究で)示されている」と解説。また「サウナはフィンランド文化の不可欠な要素で、フィンランドでは車の台数よりもサウナの方が多い」と語っている。なお、サウナが心血管系の健康を高める仕組みは、この研究では調べていない。しかしサウナにメリットがあることはこれまでの研究で分かっている。

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文2159文字)