ヘルスデーニュース

「超加工食品」を多く食べると認知症になりやすい?

  • 文字
  • 印刷

 「超加工食品」の食べ過ぎが、認知症になるリスクを高めることを示唆する論文が発表された。天津医科大学(中国)のHuiping Li氏らの研究で、論文は「Neurology」に7月27日に掲載された。

 超加工食品とは、工場で高度に加工され、多くの添加物が含まれる食品を意味する。一般に、糖分や脂肪分、塩分を多く含み、たんぱく質や食物繊維が少ない。具体的には、フライドチキン、ソーセージ、ケチャップ、マヨネーズ、フレーバーヨーグルト、フレーバーシリアル、菓子パン、炭酸飲料、菓子、アイスクリームなどの中に、該当するものが多い。

 Li氏らは、英国の、健康関連の大規模データベース「UKバイオバンク」を使って、超加工食品の摂取量と、認知症発症リスクとの関連を検討した。

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2109文字)