ヘルスデーニュース

ウェアラブル活動量計で健康状態が向上する可能性 16万人データ解析

  • 文字
  • 印刷
 
 

 フィットネストラッカー(歩数以外に心拍数や消費カロリーなどの身体活動量が記録可能な装置)やスマートウォッチなど、腕時計型やクリップ型のウェアラブル(着用型)活動量計が普及している。これらの装置は、運動への意欲を高め、減量を促す効果を期待できるとの研究結果を、南オーストラリア大(オーストラリア)のCarol Maher氏らが「The Lancet Digital Health」8月号に発表した。Maher氏は「ウェアラブル活動量計は、日々の活動量を増やし、軽度の減量の達成に導く安価で便利なツールである」と話している。

 ウェアラブル活動量計の市場は大幅な拡大を続けている。2014年から20年までに販売されたウェアラブル活動量計の数は1444%増加。20年だけでウェアラブル活動量計の製品販売額は約30億ドル(1ドル132円換算で3960億円)に達している。

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1857文字)