ヘルスデーニュース

新型コロナ 乳幼児と暮らす大人は重症化しにくい? 米研究

  • 文字
  • 印刷

 家庭内に小さな子どもがいる大人は、新型コロナウイルス感染症にかかった際に、重症化しにくいのではないか。こんな可能性を示唆する研究結果が出た。米カイザーパーマネンテ北カリフォルニア病院のMatthew Solomon氏らの研究で、論文は「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に7月27日に掲載された。

 子どもはしばしば、幼稚園や学校で風邪をうつされ、帰宅後に家族に感染させる。風邪の多くは(新型コロナではない、通常の)コロナウイルスで起きる。こうして成人が軽い風邪に繰り返し感染した場合、それが新型コロナの重症化を防ぐように働くのではないかという仮説がある。

 Solomon氏は「この仮説は多くの人にとって、本当らしく聞こえる。われわれは、そのシグナルを見つけ出せるかどうかを、データベースで調べられると考えた」と話す。風邪をひくことで新型コロナの重症化から身を守れることを、この研究で証明はできない。単に「免疫がつく可能性がある」というだけだ。しかし研究チームは「さらに研究を進める価値はあることが示された」と述べている。

この記事は有料記事です。

残り1538文字(全文2000文字)