ヘルスデーニュース フォロー

保健当局への嫌がらせや脅迫 米成人の2割が「正当化される」

 新型コロナウイルス感染症の流行と経済の停滞に伴い「保健当局者への嫌がらせや脅迫行為は正当化される」と考える人が、米国の成人の2割程度を占めた。この割合は、昨夏の方が一昨年秋よりも増えていた。こんな調査結果を、米コーネル大学社会政策学部のColleen Barry氏らが発表した。論文は「JAMA Network Open」に7月29日に掲載された。

 Barry氏は、米ジョンズ・ホプキンス大が米国の成人を対象に実施した2度の調査を、同大の研究者たちと共に分析した。調査の実施は2020年11月11~30日(以下、20年の調査)と、21年7月26日~8月29日(以下、21年の調査)だった。両方の調査に回答した人は1086人で、平均年齢は49歳。そのうち565人(52%)が女性だった。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1526文字)