医療プレミア特集 フォロー

コロナを乗り切る! 免疫保つ20の栄養素

下桐実雅子

 新型コロナウイルスの感染が高止まりし、日常生活のあらゆる場面に感染リスクが潜んでいる。せっかく接種を受けたワクチンの効果も時間とともに低下するとされるため、感染防止に役立つ日常の工夫はないだろうか。自然に免疫力を維持できる食事や睡眠方法について、日本栄養士会代表理事会長で、神奈川県立保健福祉大学長の中村丁次さんら専門家にアドバイスしてもらった。コロナ禍を乗り切るため免疫を保つのに必要な20の栄養素とは何か。【くらし医療部・下桐実雅子】

栄養不良で新型コロナ感染しやすく

 「人に必要な栄養素は現在、40ぐらいあります。このうち半分が免疫の働きに関係しているんです」。中村さんはこう教えてくれた。

 免疫には大きく分けて「自然免疫」と「獲得免疫」の二つがある。自然免疫は、生まれつき人に備わっている免疫をいう。もう一つの獲得免疫は、一回体内に侵入したウイルスなどの異物を記憶し、2度目以降に反応する後天的な免疫を指す。

 この二つの免疫が正しく働くためにも大事になるのが栄養素だ。たんぱく質やオメガ3脂肪酸、ビタミンやミネラル、食物繊維などさまざまな栄養素が総合的に作用することで、ウイルスなど病原体から体を守ってくれる。

 新型コロナ感染者の栄養状態を調べた中国の研究では、栄養不良の人が多かった。低栄養になると、病原体の侵入を阻止するバリアー機能や免疫機能の低下を招くと考えられる。

 中村さんは「これを取れば免疫力が上がるという栄養素や食品はありませんが、20の栄養素が不足すると免疫機能が落ちてきます。大事なのは、これらの栄養素を過…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文2100文字)