現代フランス健康事情

連夜、窓をたたく「招かれざる客」 その正体は…

竹内真里・フランス在住ライター
  • 文字
  • 印刷

 猛暑に見舞われたフランスだったが、ようやく夏が去り、過ごしやすい季節になった。日もとうに暮れて辺りは真っ暗の午後8時過ぎになると、連日、コツコツと窓をたたく生き物がやって来る。明るい電気につられて来るらしいが、その正体は「招かれざる客」だった。

レストランでも……

 天気が良い日、フランス人は屋外で食事をとるのが好きだ。飲食店のテラス席はもちろん、自宅でもバルコニーや庭で長い時間をかけ、食べて飲んでだんらんしている。

 しかし私は落ち着かない。夏休み中に利用したレストランでも、食事と飲み物が運ばれてくるとほどなくその生き物はやって来た。しかし、店の人も、他のお客も慣れているのか、慌てる様子はない。その生き物とは「…

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2822文字)

竹内真里

フランス在住ライター

1978年千葉県生まれ。2000年から2002年までフランス南部マルセイユに滞在。その後、東京や香港でライターとして取材・執筆に従事。2015年に再びフランスへ。現在はリヨン市内でフランス人の夫、娘と暮らしながら現地情報を発信している。