痛みを減らす整形外科塾 フォロー

中高年の2人に1人が発症する「変形性膝関節症」

福島安紀・医療ライター
 
 

 52歳の主婦、文子さん(仮名)は、1カ月くらい前から膝が強く痛み、愛犬の散歩ができなくなった。安静にしていれば問題ないが、歩き始めやしゃがんで立ち上がるときに膝に激痛が走る。膝に水がたまり腫れて痛いので、近所の整形外科を受診したところ、変形性膝関節症と診断された。

軟骨がすり減り半月板が損傷して変形が進行

 「変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減ったり、内側半月板の後ろに位置する後根が切れたりして少しずつ膝がO脚に変形し、強い痛みが出る病気です。進行すると、膝の軟骨を支えている骨である軟骨下骨も削れてしまい、歩けなくなります。膝の慢性的な痛みの原因で最も多いのが、この病気です」

 そう説明するのは、膝の専門医らによる日本Knee Osteotomy and Joint Preservation (ニー・オステオトミー・アンド・ジョイント・プリザーベーション)研究会会長を務めるさいわい鶴見病院(横浜市鶴見区)の竹内良平・関節センター長だ。

 膝は人体の中で最も大きい関節だ。膝関節内にある大腿(だいたい)骨と脛骨(けいこつ)の表面は、クッションのような役割を果たす軟骨で覆われている。その間にある半月板と呼ばれる軟らかい組織が二つの骨の軟骨への衝撃を吸収している。普段はあまり意識しないが、大腿骨と脛骨の間に軟骨と半月板があることで、膝をスムーズに動かせる。

 「変形性膝関節症で強い痛みが生じるのは、膝関節を包む関節包という膜の内側を構成する滑膜に炎症が起こるからです。加齢などですり減った軟骨や、損傷した半月板のかけらが関節を覆っている滑膜に集まると、それらを異物だと認識してサイトカインと呼ばれる攻撃性の高い化学物質を出して炎症が生じるのです」と竹内さん。

この記事は有料記事です。

残り2921文字(全文3652文字)

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。