佐藤まさひさの「守るべき人がいる」

北朝鮮に簡単にアメを与えてはいけない

佐藤正久・副外相
  • 文字
  • 印刷
佐藤正久氏=丸山博撮影
佐藤正久氏=丸山博撮影

 「悪いことをした人が悪いことをやめたからといって、簡単にアメを与えてはいけない。悪いことをしないという約束に加え、二度とできないようにしてからアメを与える」、これが大事であり大原則だ。さもなければ、悪人は途中でまた悪いことをするかもしれない。

3度もだまされるわけにはいかない

 我々は過去、2度も北朝鮮によってだまされてきた。過去の同じ過ちは繰り返してはならない。『「北朝鮮の完全な非核化」無くして「体制保証や経済支援なし」』、この原則が大切だ。北朝鮮の求める「段階的な同時措置」は可逆的そのもので、我々は3度もだまされるわけにはいかない。

この記事は有料記事です。

残り2587文字(全文2857文字)

佐藤正久

副外相

1960年生まれ。2007年参院初当選。防衛政務官、参院外交防衛委員長、参院自民党筆頭副幹事長などを歴任。参院全国比例、当選2回。自民党竹下派。自衛隊のイラク派遣で先遣隊長を務め、「ヒゲの隊長」と親しまれている。