レギュラー 前原誠司の直球曲球

政権交代には「リベラル右派」が必要だ

    前原誠司氏=太田康男撮影
    前原誠司氏=太田康男撮影

    希望との合流なければ民進は生き残れなかった

     この5年間の民主党、民進党は浮上するきっかけをつかめず、共産党との協力に走り、内部対立が先鋭化して割れてしまった。これをもう一度、糾合していけるのかどうかが、大きなポイントだ。

     私は当事者だったので、いろいろ考える。もし、私が小池百合子東京都知事の希望の党と民進党との合流を決めなければ、おそらく野党第1党は希望の党になっていた。つまり基本的には民進党が関わっていない政党が野党第1党になっていた。

     その場合は、より保守的な党が第1党で、それに続くのが数を減らした民進党ということになる。その時、希…

    この記事は有料記事です。

    残り1626文字(全文1897文字)

    会員になって政治をウォッチ

    デジタル毎日は、月額制の有料会員向けサービスです。会員になると、この連載の続きをお読みいただけるほか、ウォール・ストリート・ジャーナルなどの提携誌を含むデジタル毎日のコンテンツが読み放題!新着記事が届くマイニュースなど、便利な機能も使えます。

    24時間100円から読み放題です! 詳しくはこちら

    プロフィール

    前原誠司

    前原誠司

    元外相

    1962年生まれ。京都府議を経て、93年衆院初当選。外相のほか、国土交通相、国家戦略担当相などを歴任。民進党代表として希望の党との合流を主導した。衆院京都2区、当選9回。国民民主党。京大法学部で高坂正堯教授(故人)のゼミに所属し、外交安保を得意分野とする。