テーマ特集 特集・憲法9条

9条2項改正、正面から国民に問え

    長島昭久さん=太田康男撮影
    長島昭久さん=太田康男撮影

    国際社会の現実と隔たり

     本気で憲法9条の改正を考えるなら、「自衛隊明記」などという小手先の改正ではなく、真正面から堂々と憲法9条2項の改正を国民に問うべきだ。

     憲法9条をめぐっては、戦後70年さまざまな議論が行われてきたが、突き詰めれば、9条2項の条文と国際社会の現実との乖離(かいり)にあることは明らかだ。すなわち、「戦力の不保持」を明記しながら、世界最強レベルの自衛隊を保有していること。これ以上の矛盾はない。しかも、その矛盾を戦後70年放置することによって国家の最高法規たる憲法の「空洞化」を招いてしまった。この点こそが、憲法改正を必要とする問題の核心だ。

     9条1項には普遍性がある。「戦争の違法化」「武力の行使や威嚇の禁止」「国際紛争の平和的解決」といっ…

    この記事は有料記事です。

    残り3278文字(全文3609文字)

    プロフィール

    長島昭久

    長島昭久

    元副防衛相

    1962年生まれ。米外交問題評議会上席研究員などを経て、2003年衆院初当選。民主党政権で首相補佐官、副防衛相を務めた。衆院東京21区。当選6回。無所属。