テーマ特集 特集・憲法9条

安倍政権による9条改憲は認められない

    小池晃氏=須藤孝撮影
    小池晃氏=須藤孝撮影

    海外での無制限の武力行使に道

     昨年5月の安倍晋三首相による9条改憲発言を受けて、自民党は日本国憲法に自衛隊の保有を書き込む案を発表した。「現に存在する自衛隊を書き込むだけで、今と何も変わらない」というが、「何も変わらない」ならば改憲の必要もない。「何も変わらない」ことなど、ありえない。

     自民党案では、戦力の不保持と交戦権の否認をうたった憲法9条2項の後に「憲法9条の2」として「前条の規定は……必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として……自衛隊を保持する」としている。

     しかし、「自衛の措置」と書けば、それは個別的自衛権に限定されない。集団的自衛権も含まれ、そこには安…

    この記事は有料記事です。

    残り1585文字(全文1880文字)

    プロフィール

    小池晃

    小池晃

    共産党書記局長

    1960年生まれ。勤務医を経て、98年参院初当選。党政策委員長などを歴任。参院比例、当選3回。