たばこの害、もっと認識を

山東昭子・元参院副議長
  • 文字
  • 印刷
山東昭子氏=小川昌宏撮影
山東昭子氏=小川昌宏撮影

新規店は全面禁煙

 自民党の受動喫煙防止議員連盟の会長として長くやってきた。反対派との折衝は非常に大変だったが、とにかく受動喫煙防止が法案に明記されるところまでこぎつけたのは一歩前進と評価している。

 「客席100平方メートル以下」で「個人経営や資本金5000万円以下」の既存店は「喫煙可能」などと表示すれば店内喫煙可にもできるとして、実効性に疑問があるとの指摘もあった。しかし、これから新しくできるところは全面禁煙になる。基準以下の小規模既存店でも、店の選択で全面禁煙にすることもできる。非喫煙者である8割の人を対象とするか、2割の喫煙者にも門戸を開くか、そこは店側の判断だ。今や、チェーン店なども含め、全面禁煙を掲げる企業も増えてきている。時代の流れははっきりしている。

 議連としては最後に譲った形となったが、いずれは時代の流れで、店もどんどん変わっていく、いずれは吸わ…

この記事は有料記事です。

残り2398文字(全文2783文字)

山東昭子

元参院副議長

1942年生まれ。74年参院初当選。科学技術庁長官、参院内閣委員長・外務委員長などを歴任。参院比例代表。当選7回。自民党麻生派。