「所有者不明土地」にも影~「国民の権利義務」議論の深化を

葉梨康弘・元副法相
  • 文字
  • 印刷
葉梨康弘氏=宮本明登撮影
葉梨康弘氏=宮本明登撮影

 現在、我が党で、憲法改正の議論が行われていることは、皆様もご案内の通りです。自衛隊の明記、参院の合区解消、緊急事態、私学助成等それぞれ大切な課題であることは間違いありません。

 ただ、日本国憲法について考えていかなければならない課題は、現在話題となっている点以外にも、多岐にわたります。この論考では、いくつかの問題提起を行い、日本国憲法について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2318文字(全文2510文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

葉梨康弘

元副法相

1959年生まれ。82年警察庁入庁。2003年衆院初当選。財務政務官、衆院法務委員長などを歴任。衆院茨城3区、当選5回。自民党岸田派。