政権交代可能な政治へ--私は必ず実現する

「野党結集で政治に緊張感を取り戻せ」

岡田克也・元副総理
  • 文字
  • 印刷
岡田克也氏=宮間俊樹撮影
岡田克也氏=宮間俊樹撮影

「課題先送り」と「民主主義の基盤崩壊」が問題

 今の政治の大きな問題は二つある。一つは課題先送り、もう一つは民主主義の基盤が崩れてきていることだ。

 安倍政権に大きな責任があることは間違いないが、それを許した野党にも責任がある。

 「課題先送り」というのは財政健全化と人口減少の問題だ。

 財政健全化については、安倍晋三首相は「成長なくして財政健全化なし」とよく発言する。言葉自体は間違っていないが、成長すれば財政健全化できるかのような誤った印象を与えている。経済成長だけでは財政は健全化できないことは明白だ。

 2度にわたる消費増税延期の末に、基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)の黒字化目標を先送りし…

この記事は有料記事です。

残り2278文字(全文2579文字)

岡田克也

元副総理

 1953年生まれ。76年通産省入省。90年衆院初当選。民主党代表、外相、副総理、民進党代表を歴任。衆院三重3区、当選10回。「政権交代可能な政治の実現」が信念。外相時代は核密約の解明に取り組んだ。野田政権を副総理として支えた。