安心って何だろう

保育無償化の罪

鈴木直・医療福祉部副部長
  • 文字
  • 印刷
=玉城達郎撮影
=玉城達郎撮影

 2017年10月の衆院選で安倍晋三首相が幼児教育・保育の無償化を打ち出した時、「なんて愚かな政策だ」と思った。

 所得に応じている保育料をタダにすれば所得の高い世帯ほど得をする。財源は消費税率を10%に引き上げて得られる税収のうち、借金を減らすために使うはずだったお金だ。つまり、将来の世代の負担を増やして裕福な世帯を支援するという話だ。

 5月31日に政府が公表した無償化に関する有識者会議の報告書を見て、考えが変わった。排除されるべき悪…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1330文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鈴木直

医療福祉部副部長

1967年、埼玉県鳩ケ谷市(現川口市)出身。93年入社。静岡支局、政治部、大分支局次長などを経て2016年から現職。政治部時代から約10年にわたり社会保障の取材を続けている。