「中長期政策で経済に成長力を」

木原誠二・自民党政調副会長
  • 文字
  • 印刷
木原誠二氏=須藤孝撮影
木原誠二氏=須藤孝撮影

「三本の矢」は短期的政策

 政権発足時のアベノミクスの三本の矢は、短期を見据えた政策だった。まずは民主党政権でずたずたにされた経済を是正するために必要な政策だった。

 だから、デフレーションを克服するために大規模で大胆な金融緩和をした。資金を市場に流すことでそれが設備投資に回り、株価上昇にもつながった。効果が十分あった。

 そして、現在はすでに継続的に物価が下がる状況になく、私はすでにデフレではないと考えている。日銀の物…

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1640文字)

木原誠二

自民党政調副会長

1970年生まれ。1993年大蔵省入省。2005年衆院初当選。外務政務官、副外相を歴任した。衆院東京20区。当選4回。自民党岸田派。