9条2項は全文削除を

衛藤征士郎・元衆院副議長
  • 文字
  • 印刷
衛藤征士郎氏=須藤孝撮影
衛藤征士郎氏=須藤孝撮影

「自衛隊明記」は地位協定にも影響

 国の根幹をなすのは外交と国防だ。その国防の任にある自衛隊についての記述が憲法のどこにもない。だから、憲法に国の根幹である自衛隊について明記すべきだと私はずっと言い続けてきた。

 9条1項、2項を読めば読むほど、やはりどうしても違和感がある。2項をふまえると、自衛隊は違憲状態にあるのではないかという懸念がずっとつきまとってきた。これを払拭(ふっしょく)しなければならない。

 もう一つは日米安保条約との関係だ。安保条約には、日本が外国から攻撃された場合に米軍が日本を守らなけ…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文1923文字)

衛藤征士郎

元衆院副議長

1941年生まれ。大分県玖珠町長などを経て、77年参院初当選、83年衆院初当選。防衛庁長官、副外相、予算委員長などを歴任。衆院大分2区。参院1回、衆院12回当選。自民党細田派。